make believe の意味と使い方【音声付き例文】No.109

make believe の意味と使い方【音声付き例文】No.109

ごっこ遊びをする子供

make believe world や make believe land という英語表現を聞いたことがありますか?動詞が2つ続くのでなんか変な感じがしますが、これはちゃんとした英語です。今回はこの make believe の意味と使い方と音声付きの例文をご紹介します。

まず “make” と “believe” を合わせて使う言い方には、 動詞の make believe と、間にハイフンが入った名詞と形容詞 の make-believe があるので、それぞれ分けてまとめます。

make believe (動詞)意味と使い方


動詞としての make believe は「〜のふりをする」の意味です。子供がごっこ遊びをするときに、例えば「お医者さんごっこ」では自分がお医者さんや患者さんになったことを想定して遊びますよね。あれです。

または、文字通り believe (信じる)ことを make(させる)で「人を信じさせる」、つまり「〜のふりをする」「〜に見せかける」の意味でも使います。別の言い方では pretend です。

make believe の後に that + 主語 + 動詞 がきますが、that は省略可能です。過去形として使う場合には make の時制を made に変えて believe はそのままです。

make believe 例文


The kids made believe that they were Ultraman and Godzilla.
子供達はウルトラマンとゴジラごっこをした

pretend を使うと次のようにも言い換えられます。

The kids pretended to be Ultraman and Godzilla.
子供達はウルトラマンとゴジラごっこをした
The kids pretended that they were Ultraman and Godzilla.
子供達はウルトラマンとゴジラごっこをした

実際には動詞として「〜のふりをする」というには make believe よりも pretend を使う方がより一般的だとネイティブスピーカーも言っています。以下の文も同様です。

She made believe that she didn’t hear me.
彼女は私の話が聞こえないふりをした
I can’t go on making believe that everything is all right.
これ以上大丈夫なふりをできない

✔︎ go on ~ing 〜し続ける

He made believe that there was nothing wrong with him, but I knew he was going to therapy.
彼は問題がないようなふりをしていたけれど、セラピーへ通っているのを知っていた。

make-believe (形容詞)意味と使い方


make と believe の間にハイフンを入れて make-believe にすると「ふりをした」「見せかけの」「架空の」という形容詞になります。

make-believe の後ろに名詞を置いて「見せかけの〜」「架空の〜」と表現できます。

make-believe 例文


The boys were enjoying a make-believe adventure.
男の子たちは冒険ごっこを楽しんでいた
She lives in a make-believe world.
彼女は夢の世界に住んでいる
Don’t take it so seriously. It’s just a make-believe story.
マジで取らないで。空想の話だよ
Disneyland is a typical example of a make-believe land.
ディズニーランドはおとぎの国の典型的な例

make-believe (名詞)意味と使い方


次に名詞としての make-believe は「ふり」「見せかけ」「空想」「作りごと」、またそのようなことをする人「ふりをする人」「見せかける人」の意味になります。

make-believe 例文


Let’s play make-believe. I’m the doctor, and you’re the patient, okay?
お医者さんごっこしよう。私がお医者さんで、あなたは患者さんね。
My son found out that Santa Claus was make-believe when he was ten years old.
息子は10歳の時にサンタクロースは架空の人物だと知った。

make believe まとめ


動詞が2つ繋がって意味を成す

  • make believe 〜のふりをする
  • make-believe 見せかけの、架空の
  • make-believe 見せかけ、作りごと
をご紹介しました。

I need it yesterday. 意味と使い方【音声付き例文 】No.93
インフォーマルな会話でのみ使われる表現 I need it yesterday. 又は need something yesterday の意味と、使い方、又実際に使われる場面を練習できる音声付きの例文でご紹介しています。
知って得する cheesy の意味と使い方【練習できる音声付き】No. 25
インフォーマルな会話で出てくる英語表現 cheesy 、安っぽい、質が悪い、趣味が悪い、ダサい、頑張り(やり)過ぎ、うさんくさい、つまらない、陳腐な、など様々な意味を練習できる音声付きの例文と共に紹介しています。
at the mercy of ~ 意味と使い方と例文【音声付き】No.53
英語フレーズ “ at the mercy of ~” の意味と使い方を音声付きの例文と共にご紹介します。辞書では at the mercy of は「なすがままに」ですが、会話的な日本語では何なのか?それを使ってどうに文にするのかがわかります。
ワクチン、予防接種の英語と種類【 音声付き例文20 】No.100
新型コロナウイルスのパンデミックで世界各地でワクチンの開発が進んでいます。この記事では様々な「ワクチン」「予防接種」を英語でどう表現するかについて、基本になる単語5つと、それを使った関連表現40の他、音声付きの使える例文20文をまとめました。
「モヤモヤする」の英語表現6選【練習できる音声付き例文 】No.98
「モヤモヤする/もやもやする」を英語でどう表現するかについてご紹介します。心にわだかまりがあってスッキリせずイライラする、むしゃくしゃする、の英語を annoyed や irritated を始めとする6通りの表現で音声付き例文にまとめました。

 

タイトルとURLをコピーしました