よく聞くネイティブ表現 単語フレーズの意味と使い方 英語人センテンス

be supposed to 意味と使い方【音声付き18例文】No.1

 

日常会話で非常によく使われる” be supposed to~” を使いこなせていますか?
期待、意図、予定、約束、義務、規則 etc. 様々なことが言える “be supposed to ~” をマスターすると、会話の幅を広げていけるので是非使いこなせるようにしましょう。

 

YOKO
例文を声に出して読むようにすると、いざという時に出てくるようになるので「英文は何度も音読」の習慣を!

 

スポンサードリンク


約束、規則、義務「〜することになっている」

約束、規則、義務などによって「〜することになっている」「〜するはず

I’m supposed to go out to dinner with my boyfriend today.

彼とディナーに行くことになっている

 

例えば誰かに「今夜出かけない?」と誘われた時、このように答えると「予定があるんだ」とうことになります。

 

We are supposed to wear our uniforms at work.

私たちは仕事場では制服を着用することになっている

 

規則や義務で「〜することになっている」の意味。

 

You are supposed to be doing your homework right now.

本来なら、今あなたは宿題をやっているはずだけど。

 

実際には遊んでいる子供に対して、この時間は宿題をやっているべきでしょう?と言っています。

 

You aren’t supposed to wear shoes in the house.

家の中では靴は履いてはいけないことになっている

be + supposed to の否定文です。

例えば、家の中では靴を履かない、という日本の文化を知らない外国人が土足で家に上がっているのを見てこの様に言えば、” You can’t wear shoes in the house.” とか “Don’t wear shoes in the house.” というよりも柔らかい響きなので、軽い禁止のニュアンスが出せます。
“We aren’t supposed to wear shoes in the house.” と主語を We にすると「私たちは家では履かないんですよ」と更に優しい感じになります。

 

Dorm students aren’t supposed to leave their rooms after 11 o’clock.

寮生は11時以降は部屋から出てはいけないことになっている

dorm は dormitory 寮、の略語。

否定文で「〜することにはなっていない」つまり「〜してはいけない」の意味。



 

We were supposed to be there by noon, but we couldn’t make it.

そこに正午までに行くことになっていたのだけど遅れてしまった。



by ~ = 〜までに。by noon 正午までに、と until noon 正午まで(ずっと)を間違えやすいので注意 

be 動詞の部分を過去形にすると「〜する予定になっていた」のに実際はできなかったの意味です。can’t make it には「行けない」の意味もありますがここでは時間に間に合わない。

 

性質、習慣、自然の法則「〜らしい」「〜するもの」

性質、習慣、自然の法則などにより「〜らしい」「〜するもの

There’s supposed to be a storm tonight.

今夜は嵐になるらしい

 

「このような天気になるらしい」と言う時に be supposed to がよく使われます。

 

Carrot juice is supposed to be excellent for skincare.

人参ジュースはスキンケアに優れているらしい

 

〜が体に良いものだ、を 断言せずに「〜らしい」とした表現です。

 

Am I supposed to have a protein shake before my workout?

運動の前にプロテインシェイクを飲むのでいいの

 

疑問文で「〜することになっているの?」つまり「これでいいの?」との確認にも使えます。

 

Cooking is supposed to be fun.

料理は楽しいものだ

 

「本来〜である」の意味なので、例えば、料理が面倒くさいと言っている人に対して、このように言うと「えっでも料理って楽しいものじゃない」との意見を述べていることになります。

 

スポンサードリンク


期待「〜しなければいけない」「〜するはず」

期待による「〜しなければいけない」「〜するはず」「〜することになっている

Parents are supposed to encourage children.

親は子供を励まさないといけない

 

誰かの行動が期待されているような場合の言い方です。

What am I supposed to do, then?

じゃあどうすればいい

What was I supposed to say?

何て言えばよかったの?

 

上の二文は「〜することが期待されている(いた)のか」と言う疑問文です。

I thought it was supposed to be a casual lunch.

カジュアルな形式のランチだと思っていたんだけど。

 

過去形を使うことで、期待していたものと違ったと言うニュアンスが出せます。

Is that supposed to be funny?

それ面白いつもり?

 

聞いている本人は、面白いと思っていないので、疑問文にすることで「〜のはずなの?」と言っています。

 

一般的な「〜らしい」「〜と思われている」 「〜とされている」

一般に信じられている「〜らしい」「〜とされている」「〜と思われている

The new Mexican restaurant at the corner is supposed to be really good.

角のメキシコ料理屋は凄く美味しいらしいよ。

The school is supposed to be one of the best in this area.

その学校はこの地域でもっとも良い学校の一つだと思われている

Malay is supposed to be easy to learn.

マレー語は学びやすいんだって

 

上記3つは「〜だと考えられている、思われている」との意味になります。

 

スポンサードリンク


"be supposed to" まとめ

be supposed to を使って表現できる

  • 約束、規則、義務で「〜することになっている」
  • 性質、習慣、自然の法則の「〜らしい」「〜するものだ」
  • 期待の「〜しなければならない」「〜するはず」
  • 一般的に信じられている「〜らしい」「〜と思われている」「〜とされている」

をご紹介しました。be supposed to は本当に様々な場面で使われるので、ぜひ例文を口に出して何度も練習して実際に使ってみてください。

スポンサードリンク


-よく聞くネイティブ表現, 単語フレーズの意味と使い方, 英語人センテンス
-, ,

Copyright© 英語人 , 2022 All Rights Reserved.