よく聞くネイティブ表現 単語フレーズの意味と使い方 英語で何という? 英語人センテンス

〜というわけではなくて It’s not that の意味と使い方【音声付き例文 】No.87

相手に誤解を与えないように「〜というわけではなくて(わけじゃなくて)」と英語で説明する時に言う” It’s not that ~ “ の意味と使い方を様々な音声付き例文と共にまとめました。

 

スポンサードリンク


It’s not that ~ の意味と使い方

会話で一人が “ Do you want to go to the yoga class at the new gym?”(あの新しいジムのヨガクラスに行ってみない?)と誘ったとします。そこで相手が “ Um… yoga…” (う〜ん、ヨガかぁ...)と気乗りしないトーンで言ったシチュエーションで考えてみます。

 

It’s not that ~

〜というわけではない、〜ってわけじゃなくて

"Um… yoga… "の後に

It’s not that I’m not interested in exercise.

エクササイズに興味がないわけじゃないんだけど。

と言うと、エクササイズそのものを否定しているのではないことがわかります。It は直前に自分が言った内容( Um... yoga... )を指しています。

 

It’s not that ~, it’s just that ~

〜というわけではなくて〜、〜なんだ

It’s not that I’m not interested in exercise, it’s just that I’m not a big fan of yoga.

エクササイズに興味がないわけじゃなくて、ヨガがあんまり好きじゃないだけなの。

not a big fan of ~ 「〜が好きではない」「〜が苦手」のソフトな表現です。

 

こちらの例では「エクササイズを否定しているわけではなくて、ヨガに気乗りがしない」というところまで言及しています。

 

使い方をまとめると、It’s not that ① 主語 + 動詞、it’s just that ② 主語 + 動詞の形で
①と言うわけではなくて、②なだけ、の意味になります。

 

上の例文でいうと、It’s not that の後に来る文(① I’m not interested in exercise. エクササイズに興味がない)を否定して( エクササイズに興味がないのではなく)、コンマ以下の it’s just that に続く文(② I’m not a big fan of Yoga. ヨガがあまり好きでない)のが理由なんだ、と説明していることになります。

 

It’s not that ~, に続く文は it’s just that の他に、

  • it’s just ~
  • just
  • but just ~
  • but just that ~

などを置くことも可能です。また、It’s not that の It’s の部分を省いて Not that ~ とも言います。(例文参照)

 

It’s not that の様々な例文

It's not that または 省略して Not that に続く文の最初には、様々な形がきます。

 

It’s not that ~

〜というわけではなくて

前の話に It's not that ~ を付け加えるだけの場合。

I want to move out as soon as possible. It’s not that I don’t get along with my roommates.

できるだけ早く引っ越したいな。ルームメイトと合わないわけじゃないんだけど。

get along with ~ 〜と波長が合う、上手くやっていく、仲が良い

I bought a bathing suit. Not that I can wear it anytime soon.

水着買ったんだ〜。そのうち着られるってわけでもないけど。

anytime soon  近い将来、近いうち

 

It’s not that ~, it’s just (that) ~

〜というわけではなくて、ただ〜なだけ

It’s not that I hate her, it’s just that we don’t have much in common.

彼女が嫌いなわけじゃなくて共通点があまりないだけなんだ。

have something in common 共通点がある、通じるものがある

It’s not that I agree with the school policy, but it’s just too much trouble to fight for it.

学校の規則に賛成なわけじゃなくて、闘うのが面倒なだけ

 

It’s not that ~, (but ) just (that)~

〜というわけではなくて、〜(ただ)なだけ

It’s not that I was completely up for it, but I just had no choice.

すごく乗り気だったわけじゃなくて、他に選択肢がなかっただけ。

be up for ~ 〜に乗り気で、賛成で

It’s not that we wanted to live here, we just ended up here.

ここに住みたかったわけではなくここに落ち着いたってだけ

end up ~ 結局〜になる、最終的に〜することになる

It’s not that I disagree, but just that it doesn’t make any sense to me.

反対しているわけではなくて意味がわからないだけなんだけど。

doesn’t make sense 筋が通っていない、矛盾している

 

Not that ~, but ~

〜というわけではなくて

Not that I mind, but can you tell me why you didn’t come to the dinner?

別に気にしているわけじゃないんだけど、なんでディナーに来なかったのか教えてくれる?

 

スポンサードリンク


It’s not that ~「というわけではない」まとめ

自分が言ったことに「〜というわけではなくて」とか「〜というわけではなくて〜なんだ」と付け加えたい時に使う It’s not that ~ をご紹介しました。
様々な形があり、前半は

  • Not that~ 
  • It’s not that ~ 

後ろにくる部分は次のようなものがあります。

  • 何もなし
  • it's just that
  • it's just 
  • but just
  • just 
  • but just that
  • but

 

スポンサードリンク


-よく聞くネイティブ表現, 単語フレーズの意味と使い方, 英語で何という?, 英語人センテンス
-, ,

Copyright© 英語人 , 2021 All Rights Reserved.