ラオス 異文化体験

【ラオスでトレッキング】ルアンナムター発 電気のない少数民族村①

中国とミャンマー国境に近いラオス北部の山に、少数民族の村を訪ねるトレッキングに行った。

 

14歳の息子、私(母)、現地ガイドの3人で山の中を歩き、自然と共に生きる人々の暮らしに触れた旅の記録です。当時のツイートをアレンジしてまとめました。

 

以前ベトナムで出会った、西洋人バックパッカーの何人もが同じことを言っていた。
「ラオスは東南アジア最後の秘境!まだ旅行者が押しかけていないから、行くなら今のうちだよ!

 

で、2週間の予定で、居住地、ペナン島 <==>ルアンパバンの往復航空券を買った。
詳細は決めていない。『山岳少数民族の村を巡るトレッキングに行きたい』とだけ思っていた。

 

(トレッキング1日目からの記事は「トレッキング初日」に飛んでください)

 

スポンサードリンク


ルアンパバンから300キロ先のルアンナムターへ

プーシーの丘から見下ろすルアンパバン

 

ラオス北部の古都、世界遺産のルアンパバン (Luang Prabang) に飛び、しばらく滞在しながら、トレッキング情報を収集。

 

ルアンパバンから車で9時間北上したところに、ルアンナムター(Luang Namtha)という町があるらしい。中国雲南省とミャンマー シャン州と国境を接しているその町の周辺の山には、多くの少数民族が住んでいて、村の家庭にホームステイ込みのトレッキングができるようだ。

 

行き方を調べたら、バスか飛行機の二択。ラオスには電車がない、ということを知った。飛行機に乗る余裕はもちろんナイ。
で、ミニバン、300キロ、9時間の旅をすることになった。(汗

 

 

翌朝ミニバンに乗車したら、いきなりこれ。

足元にまでビッシリ荷物があって、足を置くところがない。

 

座席はすで埋まっているのに、次から次へと人を乗せる。2人分のスペースに3人、4人…

YOKO
9人乗りのミニバンって聞いてたんだけど …

乗客は、私たち母子以外は皆ラオス人。

 

 

座席が足りなくて、こんな木のイスが投入された。お尻痛そう。笑
私のカラダ左サイドに16人分の荷物 + 膝を抱えた形でミニバンは出発した。

 

YOKO
ちょ、なんだこの凸凹道!

山道が穴ボコだらけで、スピードを落とさない車が激しくジャンプする。
そのたびに荷物の山がズリ下がり、私のスペースがさらに2/3に。必死で支えている首が痛い。

 

ランチ休憩

 

山の中をジャンプしながらひたすら走り、平地へ出たところで休憩。小さな売店があり、ラオス人はご飯を買ったりスナックを食べたりしている。

 

YOKO
この先ドライブ中トイレに行きたくなったら困るから、私は食べない

実は、朝食も食べていない。

 

聞いた話では、この道が舗装される前はこんなものではなかったらしい。
雨季は通行できないほどヒドイ道だったとか。

 

道路の山側斜面には、土砂崩れの跡がそこいら中にあってコワイ。
いきなり崩れてきたら、もうオサラバだ。

 

YOKO
でもな〜20年前に行ったインド ラジャスタンのローカル長距離バスよりはいいか。あれに比べたらカワイイもんだ。

と思おう。

 

トレッキングの拠点ルアンナムター

跳ねまくり!頭ぶつけまくり!のドライブを経て、夕方にルアンナムター到着 (^-^)/

朝ルアンパバンを出て、9時間以上経っていた

 

前日スマホで予約しておいたゲストハウスへ来てみたら、オーバーブッキングで部屋がない、と。『安宿あるある』だ。提携先の別の宿に案内されたけど、暗〜い雰囲気なのでノーサンキュー。探してここに落ち着いた。

 

 

Zuela Guesthouse

メジャーな予約サイトで1泊$25だったのが、予約なしで直接行ったら $20(¥2,200) に。ルアンナムターメイン通りの真ん中、静かでオススメ。自転車も借りられる。

 

ところで、ラオスの宿って自分から「宿代払いたいんですが」と言っていかないと何も言われない。ただカギをくれて、ハイどうぞ、みたいな。ルアンパバンでもそうだった。

 

パスポートも見せなければ、何のチェックもない。このまま泊まって、朝サッと消えてしまえるのに。他人を信用しているってことかしら。いいな ♡

 

Zuela Guesthouse 予約サイト

Bookng.com

Agoda

 

ゲストハウスすぐ前の、ナイトマーケットへ夕食に出た。

 

ラオス飯うんめぇ!牛肉米麺と豚ココナツミルク麺。
カゴに入れて出された、野菜と唐辛子を全部入れたらこうなった。笑
1杯 15,000kip(¥200) 

 

揚げ春巻き 4個 5,000kip(¥70)
春巻きと言ったら = ベトナムだと思っていたけど、 ラオスにも!
タレが違って、ラオスのも辛くて美味しい。

 

グリルドポークが、外カリカリで中柔らかくて激うま。
8,000kip(¥110)

 

スポンサードリンク


トレッキングを決める

激疲れ9時間のミニバン旅から、一夜明けた。

 

朝から腕が痛くて動かない
凸凹道のジャンプがひどく、ずっとつかまっていた故の筋肉痛。

 

今日はゆっくりして、明日からのトレッキングを決めよう。
ルアンナムターには、まわりの山へのトレッキングを扱う旅行会社がいくつかある。

 

グループで行く日帰りのトレッキングが、山歩きの難易度も低く、値段も手頃。
でも、団体行動が苦手なので、高くても個人ツアーで行きたい。

 



旅は日常の枠からの開放
まわりに合わせず好きにしていたい。

 

 

ゲストハウスのお姉さんが、見慣れないものを食べていて、それ何ですか?と聞いたら分けてくれた。笹の葉に包んで蒸した餅米の中に、豆が入っていて、甘さはゼロ。カオトムというらしい。美味しい

 

トリップアドバイザーで評価が高かったツアー会社【 Forest Retreat Laos 】へ直接行ってみた。

 

代表者が少数民族出身で、ツアーの利益も少数民族のコミュニティーに還元されるという。(記事の終わりに情報を掲載しています

 

『山歩きはほどほどに、少数民族の暮らしに興味があって etc.』こちらの希望を伝えて、山の地図を見ながらルートを話し合う。そしてトレッキング + 少数民族村訪問 & 滞在2泊3日の旅に決定。最終日はカヤックで川下りをすることに。

 

カヤック川下りをすすめられ、

YOKO
私泳げないので、ひっくり返ったら溺れるし、疲れるからヤだなぁ

以前ランカウイ島で、疲労困憊した魔のカヤック体験が頭をよぎる…

 

途中からカヤック専用のガイドをつけるから Don’t worry !

と言われ迷ったけれど、

僕 カヤックやりた〜い!

という息子のひとことに負けた。

 

2泊なので、荷物も当然増える。
泊まらせてもらう村の家には、食料、水、すべて持ち込む。

 

半年前のボルネオ島ジャングルトレッキングで、荷物の重さに泣いた私たち。特に飲み水。
今回水は3日分 × 2人なのでかなりの重量だ。

 

ポーターを付けることもできますよ!

と言われたけれど、その分費用がかさむのでやめた。頑張る!

 

YOKO
3日間、体を洗ったりは出来ないですよね?

シャワーはあるけど、ローカルスタイルシャワーね!!

今まで行った東南アジアの少数民族村で、シャワーはどこにもなかったんだけどな …トレッキングの旅は、ドロドロのベッタベタで帰るのがフツーだと思っていたけど。
ま、お楽しみってことで♪

ボルネオ島でのトレッキングはこちら↓

【ボルネオ島 ジャングル体験】ハンモック一つでジャングルに泊まる!

  数年前の年末にボルネオ島に行きました。ボルネオ島と言ったら= ジャングル。そこで一夜を明かした体験記です。 ...

続きを見る

 

 

トレッキング初日

ルアンナムターの市場

翌朝、タイダム族のガイドさんと落ち合い、まずは3日分の食材を調達しにルアンナムターの市場へ。

 

水牛の皮。焼いて内側を食べると美味しいそう。
このヘビのような生き物はナニ?

 

蜂の子とタケノコ。

ラオスではタケノコを使った料理が多い。

 

水生昆虫は、炒め物に。Gかと思った。笑
豚の血を固めたものは、スープに入れる。

 

トレッキングスタート

食材が揃ったところで、ルアンナムターの町からトラックで30分くらい行き下車。山の中へ入る。

 

鉈を片手に進むガイドさん

 

山の民に大事なラタン(籐)の木。これはまだ若いものだそうだ。

 

大きくなると中身は食べ、幹でカゴを作り、葉っぱは家屋の屋根に、長い木は橋を作るそうだ。後に滞在した村のいたるところで、このラタンが使われた生活用具を目にした。2枚目は、染物に使う植物。紫系の色になるそう。

 

 

山の中をたくさん歩いて疲れてきた。

市場のお惣菜屋さんで買ったお弁当を食べる。

 

• チリ入りスパイシー卵焼き
• トマトのディップ
• 焼きナスのペースト
• チキン
• もち米

どれも絶品!

 

山の中を登って下って4時間ほど歩き、ようやく視界が広いところへ出た。

 

 カム族の村

 

カンボジアにルーツがあるというカム族の村に到着。
45家族の小規模な村。電気もテレビもない。電池やロウソク、調味料などの他は殆ど自給自足だそう。

 

子供達は裸足で駈け回り、大人はカゴを編んだり薪を切ったり、生活に必要なことをやりながら、のんびりしている印象。

 

 

村をひと周りしてみたところで息子がつぶやいた。

なんかみんな座ってるだけだねぇ… 笑

ガイドさんの話では、この村はとても平和だそうだ。

必要な仕事は協力し合う、持ちつ持たれつの社会

 

家を建てるのも、村総出で3日で完成。
終わればお酒を飲んで大宴会。

 

ガイドさんのタイダム族は違うらしい。
畑仕事や家畜の世話など、労働力を提供してもらったら賃金が発生する。
「僕はこの村に住みたい」と言った

 

泊めてもらった家の寝床。
到着後すぐに爆睡する息子。トレッキング疲れたよねぇ。

 

この家では部屋は一つだけなので、ここは居間 兼 寝室。家の人もガイドさんも皆でここに寝る。

 

天井に蜂の巣を発見!悪霊から家を守るらしい。

 

家の外にあるトイレ。

 

ベトナム山奥のトイレ覚えてる〜?あれに比べたらゼンゼン楽勝だよ!

と息子。あの旅で、息子はトレッキング初体験。

 

登山がめっちゃハードな山奥の家へ行って翌日、嘔吐下痢で大変だったわ … 
便器のない、土に穴を掘っただけのトイレから動けず、大雨の中、何時間もトイレ脇に付き添った。

 

親として、あんな慣れないところに子供を連れてきてしまい、胸が傷んだ思い出 …

 

山で捕まえて来た動物は、全体でシェアするのがこの村のやり方だと聞いた。イノシシやモグラ、ネズミ、蛇、鳥 etc.何でも食べる。

 

誰かがゲットして来たモグラが、これから食べられちゃうところ。モグラは、タケノコやチリと煮てスープにすると美味しいんだとか。

 

ラオス料理を作る

台所

この囲炉裏の上にあるすすけた平たいカゴで、山で捕まえてきた動物の肉を薄く切って燻す。電気のない = 冷蔵庫がない村で、肉を腐らせない工夫。

 

でも腐る寸前の肉が、強烈に臭くて美味しいんだよね!

YOKO
ハハハ … マジですか

 

ラオス料理の基本

にんにく、チリ、レモングラス、ミント、コリアンダー、ネギ etc.でラオスチリペーストを作る。ますは、にんにくとチリを直火でで焼く。

 

焼いたにんにくとチリをつぶすガイドさん。

 

他の材料を細かく切ったものを息子がバンバンつぶす。

 

野菜を炒める。外が暗くなってきた。

 

ヘッドライトで照らしながら料理する。

 

ラオスご飯完成!

家の人たちと囲むキャンドルライトの夕食。

 

• 竹の子の炒めもの
• トマトのピリ辛ディップ
• 豚肉のチリソース炒め
• 山で採ってきたキノコ和え
• もち米

 

ラオスの家庭料理は、日本人の口に合うと思う。デパチカで売ったらウケるぞ。

 

ラオスの男性はほとんど料理はしないそう。でも、ガイドさんは料理好きなのでよく作る。奥さんの味付けは薄味すぎて好きじゃないとか。

 

料理して、盛大に散らかした後を片付けるのはマイワイフ、ハッハッハッ!

その後、家族の話をしていたら、実は奥さんは2日前に実家へ戻ったと言う。

結婚生活なんてそんなもんよ、ハッハッハッ!

この人明るくて楽し♪

 

付近の山に暮らす少数民族

ラオス北部に住む人々とその暮らしについて、ガイドさんの話を聞く。

 

同じ少数民族でも、アカ族は風習、信仰、言葉など文化的に大きく異なり、例えば他の民族との結婚などはとても少ないそう。

 

YOKO
えっ、でも私は数年前に、ベトナムの山奥でフランス人の男性と再婚しているアカ族の女性の家に泊まったけどな。まぁ例外もありってことね。

 

ラオスでは、教育は無料と言っても制服、教科書代、設備費の寄付などがあり、実際はお金がかかる。親は子供に教育を受けさせる為、何とかお金を工面しようとする。

 

教育を受ければ、公務員になったり町で仕事を得てお金を稼げるようになるからね。

 

この村には小学校しかなく、中学へ進学する子供は町へ出て、寮生活をするそうだ。… とは言え、教育を受けて高校の教師をしているガイドさんの奥さんは、月給にして$200(¥22,000) ほどだそうで、楽な暮らしではない、と。

 

色んな話をしながら、夜は更けていく。

 

村の人たちがどのような暮らしをしているのか、知りたいことが山ほどある。彼のように、英語で細かいことまで説明できるガイドさんの存在はありがたい。情報量が多く、深く、旅の印象も強くなる。

 

この彼は『ガイド資格を持ち、欧米人研究者の現地調査アシスタント兼通訳も務めるベテラン』だとトレッキング会社の人に聞いていた。

 

ベトナム北部サパなどで、直接交渉して雇うガイド兼ホームステイホストとは、言葉の問題からそれほど深い話は出来なかった。
お金を出しても、プライベートトレッキングには価値があると思う。

 

夜遅くなり、ロウソクの灯りの元で、この家庭の16歳になる娘さんが熱心に袋を編んでいた。売り物にする袋らしい。

 

小さい頃に母親を亡くしていて、同じ村に嫁いだお姉さん2人が家を出たので、父親の農作業を手伝う為、中学校を中退せざるを得なかったという。

 

スポンサードリンク


2日目

土砂降りの雨が、一晩中続いた翌朝。
またもほとんど眠れなかった。興奮し過ぎ。笑
トレッキングの旅はいつもそう。

 

この村には、各家庭に水道はない。村の水場にバケツやタンクを抱えて、村人が絶えず水汲みに来ている。朝は水浴びをする人や、顔を洗い歯を磨く人たちでいっぱい(奥の子供洗ってる女性の所)

 

20年くらい前に他国のNGO団体が入り、離れた町に病院が出来るまでは、この村の平均寿命は50代前半だったらしい。それでも今なおシャーマンは健在。山から様々な薬草を採ってきて、煎じて飲んだりもするそう。

 

ラオスチリペースト入りの激うまスクランブルエッグと、もち米で朝ごはん。

 

山を見ながらインスタントコーヒーを飲む息子。

さて、ご飯が済んで、トレッキング2日目のお弁当を作り。

 

この家の人たちがラタン(籐)とナスを焼く。

緑のナスの奥に並んでいる、ゴボウのようなものがラタン。
トレッキング最中に、そこら中に生えていたあれ。

 

焼き上がって皮を外すと中身はホクホクの若タケノコのよう。これだけでとても美味しい。ラオスチリペーストと混ぜると更に引き立つ。

 

もう一品は焼きナスのピリ辛和え。やり方を教わる息子。

 

ラオスの家庭料理には、チリペーストが入っているものが多く、どれも美味しい。
辛いモノ好きな私たち親子には、ご馳走ばかり。

 

ガイドさんの話では、村人が山へ入る時は、もち米と唐辛子だけ持って行く。他は現地調達らしい。

 

YOKO
自然の中で生きるすべを知っている人たち … すごいな。

 

そういえば、昨日のトレッキング中に、様々なフルーツや野菜など、そこらへんにあるものを食べた。特にキノコは種類も多く立派なものがたくさんあった。

 

毒キノコかどうかは、ガイドさんや村人にはわかるそう。
初めての種類だったら、ゆでてみて色が出ればアウト。

 

村の全景

 

仕事のストレスにやられ退職し旅に出たドイツの青年が、穏やかなこの村の生活に涙したという。カム族の村、さようなら。

少数民族村トレッキングの旅をアレンジしたもらった Forest Retreat Laoso のサイトはこちら

https://forestretreatlaos.com/

ラオストレッキングの旅、続きです↓

【ラオスでトレッキング】 少数民族村滞在とカヤック川下り体験②

少数民族の村を訪ねる旅がしたくて、ガイドさんと息子の3人でラオス北部の山奥まで来た。 電気のない、昔ながらの暮らしをする ...

続きを見る

 

ラオスが大好きになって一年後にラオス南部を旅した時の旅日記はこちら ↓

南ラオスバックパッカー旅1ヴィエンチャン〜パクセー〜ボラベン高原

宿近くのメコン川で夕日を眺めてから街をぶらぶら歩く2017年の夏に訪れたルアンパバン以北のラオスが素晴らしく、再訪のチャ ...

続きを見る

スポンサードリンク


-ラオス, , 異文化体験
-,

Copyright© 英語人 , 2022 All Rights Reserved.