インド

【南インド旅行記①】深夜のバンガロール空港へバックパッカー母子2人

ハンピ

 

あのカオス」の代名詞、インドとは思えない優雅さ!絶対訪れるべき!
とインド旅行者が口を揃える遺跡の村、ハンピ
見渡す限り巨石だらけ、という世界遺産
自分の目でてみたくなった。

 

20年前に2ヶ月旅した北インド。他の国にはないあの強烈な喧騒の中に、親子ゲンカが絶えない15歳息子と2人面白そうだ。

 

南部のバンガロールからインド入りして、長距離バスに一晩揺られ北上すれば、翌朝にはハンピに到着するらしい。ヨシ決めた、行こっ!

 

スポンサードリンク


深夜のバンガロール国際空港到着

ペナン => クアラルンプール => バンガロール

KLの空港 7 p.m.

 

初めて降り立つ街には、夕方までには到着していたい。空港到着予定時刻、夜の10時45分。クアラルンプール発 バンガロール行きエアアジア

 

ここ数年旅してきた東南アジアの国々のように、空港でSIMカードをえばすぐにネットにつながるわけではないらしい最悪2日しないとアクティベートできないとか(汗)

 

そんな夜中に40キロ先のバンガロール市内までどうやって行こう。事前に空港手配のタクシーを調べた初日の宿代よりずっと高いのでヤメタ深夜料金 2.000 ルピー(3,300円)て、それ1日の旅予算。* 1ルピー = 1.65円

 

スマホアプリで呼ぶ配車サービスUBERなら安いいや、でもネットにがらなかったらUBER何もないバンガロール空港のフリー Wi-Fi は現地の電話番号なしには使えないらしい。

なんだソレ … 行く前からめっちゃインドな疲労感。

 

まぁ現地にってどうにかしよっとやってきたバンガロール、ケンペゴウダ国際空港インド南西部カルナータカ州の州都IT産業の中心地です。

 

南インド カルナータカ州 バンガロール


1997年に元夫と行った
北インド2ヶ月の旅は、今まで行った約30カ国の中で最もエキゾチックな国だった。騙され脅されボラれまくり、旅終盤にはえっらく痩せた。帰国当初は、あんな疲れる国二度と行くもんか!と思っていた。

 

でも不思議。しばらく経つとあの、メチャクチャな世界妙に懐かしく思えてきて、きっとまたいつか行くんだろうな、という気はしていた。

 

今回は15になったばかりの息子と一緒だ。ここ7年、タイ、マレーシア、ベトナム、シンガポール、ミャンマー、ボルネオ島、ラオス、と二人で旅してきた息子が先に「インドに行ってみたい」と言った。

 

理由は簡単、マーク ウィーンズさんの動画を観て本場インド飯が食べたいって。

 

息子8歳 物心ついてから初めての海外、タイ12日間の旅 チェンマイへの夜行列車

 

案の定エアアジアは遅れて到着した。イミグレを出て、ATMから現地通過を引き出した頃には、やはり真夜中12時をまわっていた。

 

SIMカードゲットするも使えず

SIMカードを売っているお店探したら、人気の Airtel 誰もいない。唯一開いていたVodafone で高いプランのSIMカードを買う羽目になった。事前にチェックしていた倍以上の値段なんだけど … インドはSIMも深夜料金??? …

 

たかが SIM カードの購入に、パスポートサイズの写真を添付し父親の名前とかやったらたくさんの個人情報を記入させられの国ようにお店の人がSIMカードを入れ替えてくれて、電話かけアクティベートしてすぐに使えるようにしてくれる、とかやっぱりなかったインド

 

「数時間経った自分でこの番号に電話してアクティベートして紙を渡されたのだけど、手書きで書かれたその番号、汚すぎて読めないし

 

空港のフリーWi-Fi試してみたけどやはり使えず…

 

しばらくウロウロしていたら、UBER 専用の乗車口が外にあると空港スタッフが教えてくれた。とりあえず建物の外に出ると寒〜っ!5年の冬の日に日本を出て以来の寒さを7月中旬の南インドで体験。

 

スポンサードリンク


Wi-FiなしでUber 乗車に成功

オォ!UBER のジャケットを着たお兄さんを見つけた。

 

YOKO
YOKO

I have an Uber account, but I can’t connect to the Wi-Fi.
UBER アカウントはあるのだけどWi-Fiがなくて使えないんです。

No problem, Madam!
ノープロブレム!マダム!

自分の名前とマレーシアの携帯電話番号を紙に書き渡し、バンガロール市内の安宿名を伝えると、お兄さんのスマホでサッと操作して、近くのUBERを呼んでくれた。やった〜!!

 

最強!UBER …というわけで、バンガロール空港に深夜到着の場合、市内への移動にUBERはオススメです。UBER のアカウントさえ持っていれば、Wi-Fiが使えず自分のアプリから車を手配できなくても、乗車可能でした。この場合、支払いは現金のみです。

 

UBERの乗り場 

ターミナルを出てまっすぐ行き、右へ曲がりカフェCoffee Day近くにUBER Zone の看板があります。そこでUBBERジャケットのスタッフを探すべし。

 

お兄さん、テキトーに入力したとみた。Hじゃないし w

 

空港からバンガロール市内までは約1時間

 

深夜の真っ暗なガンガン飛ばす日本車に揺られながら、この運転手が悪い人だったらヤバイよなぁ、どっかに連れて行かれてもわからないし…思ったいや、ンなこと考えてもしゃぁない、とすぐかき消したけど

 

 

ずいぶん経ってうつらうつらしてきた頃、車は街の中に入って行き、スラム街のようなゴミだらけの一角で止まった。

Madam, this is your hotel!
マダム!着きましたよ

YOKO
YOKO

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

続きはこちら↓

インド旅行記 ②に続く「バンガロールマジェスティック地区食べ歩き」

 

 

インドシリーズ こちらも見てね

インド旅行記 ③

【南インド旅行記③】 バンガロールからハンピ、カオスの夜行バス!

  バンガロールにしばらく滞在した後、いよいよ憧れの地、ハンピへ移る夜がきた。   目次ハンピまでの ...

続きを見る

インド旅行記 ④

【南インド旅行記④】超絶おすすめスポット、バダミに行くべし!

  旅の一番の目的地ハンピの印象が「うん、まぁ … なかなかいいよね」止まりで不完全燃焼だった感あり。もともと ...

続きを見る

スポンサードリンク


-インド,
-

Copyright© 英語人 , 2021 All Rights Reserved.