ラオス

南ラオスバックパッカー旅 2 ボラヴェン高原コーヒーファーム滞在記

ラオスコーヒーの産地ボラヴェン高原にある Mystic Mountain Coffee Farm には、事前に連絡を取っていた。

 

コーヒーファーム見学だけでなくホームスティも希望と伝えたら12月30日しか空いていないと言われ、ここ数日の駆け足の移動となったのでした。いよいよその朝が来た!ヒャッホ〜!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


Mystic Mountain Coffee Farm

オーガニックコーヒーを栽培しているコーヒー農園に滞在し、コーヒーが豆から製品になるまでの詳しい講義を受けたり、ボラヴェン高原のジープツアー、トレッキング、ラオス料理教室などが楽しめる。メールで興味があることを伝えると、アクティビティをアレンジしてくれます。

 

 

コーヒーファームのオーナーさんカムシンさんが直接ゲストハウスまで迎えに来てくれた。挨拶を交わしただけですぐに暖かい感じの人だなと思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満天の星空の下でラオス料理クッキング

食いしん坊&料理好きなので、旅先でのローカルご飯はもちろんクッキングにも興味がある。

 

タイのクラビやカンチャナブリ、ベトナムのホイアン、マレーシアのランカウイ島などで料理教室に参加してきた。外国人観光客向けの料理教室なのでかなり高額だったけれど、どれもとても良かった。

 

前回の北ラオス山間のホームステイでは、ガイドさんと一緒に台所に立って美味しいラオス料理を覚えた。今回も前もって「料理を習いたい」と伝えていた。メッチャ期待大!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パクソンからバスでパクセーへ移動。
ネットで手頃な値段の宿を予約しておいたら、開けてびっくり!日本に関係あるホテルだった。

 

スポンサードリンク


パクセーのおすすめ宿 Forest Hotel & Restaurant 

 

 

 

フォレスト ホテル アンド ジャパニーズ レストラン詳細 Agoda

 

 

 

そういえば大晦日なんだった。
旅をしていると日付の感覚がなくなる。

 

 

続きはこちら↓

南ラオス 母子バックパッカー旅3メコン川に浮かぶ島々シーパンドン

旅の残り半分はカンボジアとの国境に近いシーパンドンの島々に行くことにした。   現地語で「4000の島」の意味 ...

続きを見る

スポンサードリンク


-ラオス,
-

Copyright© 英語人 , 2022 All Rights Reserved.